枡田絵理奈(マスパン)と健康いろは、健康かえでの 上手な医療のかかり方

広島はみんなで助け合い! 医療費の節約にも!できることから始めよう!

わたしたち一人ひとりが、適切な医療のかかり方を意識していくことで、医療の現場を守り、家計や身体の負担を軽くすることもできます。
枡田絵理奈さんと一緒に「上手な医療のかかり方」を学んで
できることから始めましょう!

診療時間アイコン

緊急時以外は、診療時間内に受診しましょう!

夜間や休日など診療時間外に受診すると料金が割り増しに!

時間外受診をすると診察料金が割増しになり、 家計の負担が重くなります。
また、診療時間外に軽症の患者が安易に受診することで、 地域医療体制に負荷がかかり、
一刻を争う救急患者の受入れなどに支障が生じます。 休日・夜間の受診に迷った場合は、電話相談窓口を利用しましょう!

緊急時以外は、診療時間内に受診しましょう!ムービーサムネイル
診療時間アイコン

同じ病気やケガで複数の医療機関を受診する「はしご受診」は避けよう!

「はしご受診」は受診のたびに初診料、検査料がかかり、家計の負担が重くなります。

同じ病気やケガで複数の医療機関を受診する「はしご受診」は 受診のたびに初診料、検査料がかかります。
検査のくり返しや薬の重複投与により、身体の負担もかかるため、 治療の選択肢があるか知りたい場合は、 セカンドオピニオン(自費診療)を利用しましょう!

「はしご受診」は避けよう!ムービーサムネイル
かかりつけ医アイコン

かかりつけ医を作ろう!

かかりつけ医にはたくさんのメリットがあります!

紹介状なしで大病院を受診すると特別料金がかかり、 家計の負担が重くなります。
かかりつけ医を持つと健康状態を継続的に把握してもらったり、 症状に応じて大病院への紹介状を作成してもらえるなど 大きなメリットがあります。

かかりつけ医を作ろう!ムービーサムネイル
診療時間アイコン

かかりつけ薬局・お薬手帳を活用しよう!

服薬歴や副作用の把握重複服薬の有無など身体も家計も負担が軽減!

「かかりつけ薬局」を持つと、処方薬や市販薬など 複数の薬の重複や飲み合わせの管理をしてくれます。
薬の名前や量、 服薬回数を記録できる「お薬手帳」は アプリ版もあり、とても便利になりました! スマホでお薬管理できるので、 持ち忘れ防止や災害・緊急時の備えになります。

かかりつけ薬局・お薬手帳を活用しよう!ムービーサムネイル
医療費の節約のためにも、そして、広島の医療のためにもできることから始めよう! マイナ保険証もご利用くださいね。

TVCM

枡田絵理奈さんと健康いろは・かえでが出演している
TVCMはご覧になりましたか?
「上手な医療のかかり方」を学んで、 医療費の節約のためにも、広島の医療のためにも!
できることから始めましょう!

上手な医療のかかり方テレビCMサムネイル
枡田絵理奈さんプロフィール写真

協会けんぽ広島支部 上手な医療のかかり方アンバサダー

マスパンこと枡田絵理奈(マスダエリナ)

枡田絵理奈さんプロフィール写真

フリーアナウンサー。1985年12月25日生まれ、神奈川県出身。2008年にTBSに入社し、「チューボーですよ!」 「クイズ☆タレント名鑑」 「スーパーサッカー」 「ひるおび」 「いっぷく!」 などのMCの他、オリンピック、FIFAワールドカップなどでもスポーツキャスターとして中継MCを担当。 2015年、広島東洋カープ堂林翔太選手との結婚を機にTBSを退社し、広島に移住。 3児の母。

協会けんぽ広島支部マスコットキャラクター

「健康いろは」「健康かえで」

令和2年度、協会けんぽ広島支部の
マスコットキャラクターとして誕生しました。
広島の県の木「モミジ」を基本に、“イロハモミジ” からイメージされた「健康いろは」、イロハモミジの別称 “いろは楓” からイメージされた「健康かえで」です。

  • 健康いろはイメージ

    健康いろは

    広島に生息するモミジの妖精。 健康の大切さを伝え、病気やケガへの注意点や、丈夫な身体づくりのアドバイスもしてくれる。 性格は、温厚でまっすぐな性格。

  • 健康かえでイメージ

    健康かえで

    広島に生息するカエデの妖精。 いろはの妹的存在。性格は、しっかりして几帳面。知識が豊富で、健康に関する悩みや質問に答えてくれる。

よくあるご質問

  • 「かかりつけ医」って
    どうやって見つけるの?
    家や職場の近くのお医者さんに
    かかってみて決めましょう

    病気の時以外でも、健康診断や予防接種などで身近な医療機関に行くことで「かかりつけ医」を見つけるきっかけになります。
    身近な医療機関は「医療情報ネット」でも探せます。

  • 「かかりつけ医」って
    必ず必要ですか?
    普段から自分をよく知っている
    お医者さんがいると安心です

    日頃の状態をよく知っているかかりつけ医であれば、ちょっとした体調の変化にも気づきやすいため、病気の予防や早期発見、早期治療に繋がります。ぜひかかりつけ医を作りましょう。

  • 夜中に家族の体調が悪い!
    どうすればいいの!?
    まずは慌てず♯7119に電話を!
    医療関係者に相談できて
    安心です

    夜中でもすぐ病院に行くべきか救急車を呼ぶべきかなど、判断に悩んだりためらう時に、医師・看護師などの専門家に電話で相談できます。♯7119は一部地域で実施しており実施エリアの拡大及び全国普及が進んでいます。
    ♯7119の利用方法や実施エリアはこちらをご覧ください。

  • 夜中に子どもが熱を出した!
    救急車を呼ぶべき!?
    夜間・休日の子どもの
    体調不良は、
    慌てず♯8000に電話を!

    子ども医療電話相談♯8000とは、夜間・休日に子どもが体調不良になった時に、適切な対処方法や病院受診・救急車を呼ぶべきかなどの判断を、小児科医師・看護師に電話で相談できるものです。
    全国統一の短縮番号♯8000をプッシュすると、お住いの都道府県の相談窓口に繋がります。
    子ども医療電話相談事業実施状況はこちらをご覧ください。

  • 最近なんか調子が悪いけど、
    わざわざ大きい病院いくの
    もねぇ…。
    そんな時に気軽に相談できる
    のが
    かかりつけ医の
    メリットです

    日常生活における健康相談から体調不良による受診や通院など、「かかりつけ医」はどの世代の方にとっても健康をサポートしてくれる存在です。症状に応じて必要な場合には適切な医療機関の紹介もしてくれますので、まずは身近な「かかりつけ医」に相談してみましょう。